最新の地震耳鳴りハザードマップ

毎晩午前0時頃にその日の集計分の地震耳鳴りハザードマップを配信しています。

【簡単かつ重要なお願い】
人それぞれに出来ることがあります。是非ご協力ください。
地震耳をお持ちの人はTwitterアカウントを取得してハザードマップに参加をお願します。
このマップの有効性を認める人は身近な人たちに、面白半分で結構ですので、お知らせ願います。
特に医療関係者が身近にいる人は、冗談半分で結構ですので、この取り組みをお知らせ願います。
地震耳鳴りが医学的に解明されさえすれば、地震予知手法の一つとして直ぐに実用化されることでしょう。
やがて国費が投入され、数百万人規模の耳鳴りモニタが全国に配備され、強震モニタのように色鮮やかに染め上げられたハザードマップを見たくありませんか?(見たくないっ!)
そんな日が来ることを期待して、私はこのハザードマップの集計配信を日々頑張る予定です。予定ですよ。

Twitter調査により、耳鳴りと同様に頭痛も指標として使えることが分かってきました。
新たにTwitterアカウント『頭痛マップ』を作成し、頭痛マップはそちらからのみ配信しています。
また、新たにTwitterアカウント『耳鳴りマップ』を作成し、耳鳴りマップはそちらからのみ配信しています。
上記2つのマップは地震との関係を認識していない人たちのツイートを集計したもので、客観性があると考えられます。是非ご確認を。

地震耳鳴りハザードマップはこちらをクリック

(すみません、マップを掲載するの休止しました。上記リンクからTwitterアカウントへ移動願います。)

【7/7】
全国各地、誘発地震にご注意を。

【6/24】
デザイン一新、引き続きよろしくお願いいたします。

【6/20】
ご冷静に。

【6/19】
今日も感度は高めです。
冷静に捉えて備えてください。

【6/18】
多数の耳鳴りツイートお礼申し上げます。
本日は平時に比べ多過ぎなので相対的に読んでください。
赤、オレンジ、黄色が多い地域ですのでご用心を。
決して危機的状況にある訳ではないと考えますので冷静に。

【耳鼻咽喉科のお医者様や研究者様へ】
地震耳鳴りの医学的な早期解明をお願い申し上げます。
前日に大阪府と京都府で耳鳴りが多数報告されていましたが偶然ではありません。人命に関わります。

連日で耳鳴り予測が的中してしまいました。早期の実用化が急務と考えます。医学研究計画の立案をお願い申し上げます。

【耳鼻咽喉科のお医者様や研究者様へ】
地震耳鳴りの医学的な早期解明をお願い申し上げます。
前日に隣の埼玉県で耳鳴りが多数報告されていましたが勿論偶然ではありません。
身内にお医者さんがいたら強烈プッシュを!!

4/9は島根県で大規模地震が発生しましたが、ハザードマップはこれを予測することが出来ませんでした。
調査の結果、数少ない島根県モニタさん4名のうち3名が3月中旬に強い耳鳴りと謎の轟音を聞いていることが分かりました。大規模地震なので約3週間後の地震発生は既往研究結果と合致すると考えられます。また、深夜の発生直前に強い耳鳴りを聞いた島根県モニタ(候補者)も確認されましたので、大地震でも地震耳鳴りによる予測は有効であると考えます。今回は単に地震耳モニタが少ないことが予測の出来なかった要因と考えられます。