めまいと地震酔いと電磁波

皆さんは地震酔いの原因説明を読んだことがありますでしょうか。どう考えても磁気や電磁波が関係しているのにと思う次第です。
では早速一般解説を読んでみましょう。

『地震酔い』
コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E5%9C%B0%E9%9C%87%E9%85%94%E3%81%84-671590

デジタル大辞泉の解説
じしん‐よい〔ヂシンよひ〕【地震酔い】

“地震が起きていないにもかかわらず、地震のような揺れを感じること。乗り物酔いと同じように、地震による揺れの刺激が内耳に作用し、自律神経の失調状態を起こすと考えられている。
[補説]平成23年(2011)の東北地方太平洋沖地震後、この症状を訴える人が増えた。本震の揺れが長く続いたことや、余震が頻発したことなどが関係していると見られる。

知恵蔵miniの解説
地震酔い
大型地震の後に起こる余震などで、繰り返される揺れによって、実際は揺れていないにもかかわらず、「身体が揺れている」という感覚が生じ、めまい、気持ち悪さ、吐き気を覚え、不眠にもつながる症状のこと。「後揺れ症候群」とも呼ばれる。地震で身体が揺さぶられることによって車酔いと同様に、視覚や三半規管など平衡感覚をつかさどる器官の感覚にずれが生じ、これらの症状が引き起こされると考えられている。通常は地震直後の数分間から長くても2日間で平常の感覚に戻るが、余震などで揺れが頻繁に起こると、「地震酔い」がなかなか治まらないという専門家の報告が、東日本大震災の際に多数あった。

『地震による揺れが内耳に作用し、自律神経の失調状態を起こすと考えられている』そうですが、実際は『地震活動に伴う電磁波が内耳神経に作用して失調状態を起こす』が真実だと考えられます。

真実はさておき、めまいは電磁波過敏症(地震体感)の中でも最もメジャーな症状の1つですが、実際に電磁波がめまいを引き起こすという事実は報告されているのでしょうか。

公的研究機関において、磁場電磁波を人間に作用させたときに、めまい症状が確認された、という文献が存在するかどうか調べました。すると、案外簡単に見つかりました。

『末梢前庭系に対する磁気刺激の影響について』
順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学教室
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jser1971/57/5/57_5_480/_pdf/-char/ja

1) ボ ランテ ィア10名 に側頭 部磁 気刺激 を加え,刺 激前後の体平衡 を重 心動揺計 を用 いて計測した。
2) 磁気刺激前後の総 軌跡長 は刺激後 に有意 に増大 し,ま た,速 度の方 向は刺激後 に左右 への速度が有意に増強 した。
3) 側頭部への磁気刺激 では,顔 面神経 のみならず,末 梢前庭系各器官への何 らかの影響 も含 まれてお り,刺 激 に よ り有意 に左右方 向への体平衡の動揺を誘発す るもの と考 え られた。

ボランティアがめまいを感じたかどうかは聞き取り調査をしていないようなので不明ですが、被験者は有意に動揺したという結果が確認されました。
体が揺れていた訳ですから、めまい的な症状を感じていても不思議ではありません。
ダイジェストで紹介したMRI検査従事者のアンケート調査もありますし、やっぱり電磁波の影響でめまい症状が起こるのは間違いないですね。