地震耳鳴りハザードマップとは

科学的には未解明ですが、地震前兆の体感能力を有する人(地震体感者)が存在し、彼らはTwitterで前兆情報を発信しておられます。 数ある地震体感症状の中に、高音のキーンといった耳鳴り症状、耳奥に閉塞感を感じる耳圧症状などがあります。

それらは総称として「地震耳」と呼ばれています。 この「地震耳」を所持する人々を、「地震耳さん」と私は呼びます。 地震耳さんは、地震が発生する数時間から数日前に耳鳴りや耳圧を感受します。 地震耳さんが何を感受しているかは科学的裏づけは取られておりません。

通説では、地殻を構成する岩石が広範囲で破壊されることによって発生する電磁波を感受していると言われます。 岩石が破壊された後、ある程度の時間経過後、断層が動きます(地震発生) 。 通説に従い、右記の電磁波を感受することで耳鳴りや耳圧が発生していると仮定します。

 そうしますと、電磁波は距離に応じて減衰しますので、遠くまでは届きません。 つまり、電磁波の発生源に近いほど、電磁波を強く感受することになります。 地震耳さんが感受した地域の近くで、電磁波の発生源が存在する、と考えられます。

一人の地震耳さんが感受したとしても、どの方角で電磁波発生源があるかを判断するのは困難です。 しかし、複数の地震耳さんが感受した地域を地図化することで電磁波発生地域を特定することが可能だと考えます。 そのため、地震耳さんの在住都道府県を事前に調査してモニタ登録を行います。

地震耳さんでかつ在住地域が把握済みのモニタがその日にツイートした内容から地震耳のキーワードとして「耳鳴り」等を検索して集約し地図を作成します。 作成作業の最終段階においては、地震耳を持つ私がツイート内容を読み、モニタ報告としての有効性を判断します。

この「地震耳」が科学的研究調査対象として取り上げられ、地震予知手法の1つとして確立されることが最終目標です。 地震耳の皆様、是非ともモニタ協力をお願いします。 そして、各界の研究者の皆様、地震耳はオカルトではありません。 一刻も早く実証試験の計画立案をご検討ください。

このサイトではこの手法の科学的裏付け情報を随時アップしていくと同時に、実際に予知手法として使えるかどうかの見極めを取り組みます。
この内容は横取りして頂いても全然結構です。研究のお役に立てると幸いです。

“科学的には未解明”と冒頭に書きましたが、近年、地震体感者と電磁波過敏症の関係が囁かれています。その症状が非常に酷似している事実が確認されています。

地震に伴って電磁放射が起こっている事実、その電磁放射が動物らの宏観異常現象を起こしている事実、強力磁場を発するMRI検査機器が一定数の健常者に電磁波過敏症状を誘発している事実などを総合的に捉えると、ただ裏付け研究が遅れているだけの状況であることが容易に想像されることでしょう。
地震に伴う電磁放射を対象した地震予知研究が継続実施されており、更に、耳鳴りが起こる理由が医学的に全容解明されていない事実を踏まえると、地震耳鳴りの秘める可能性は大きいと言わざるを得ません。

当サイトでは上記に関する公的研究機関の客観的資料を多数列記しています。是非ご確認ください。